一番脱毛したいデリケートゾーン(VIO)

私は、毛深い体質で思春期の頃よりいつもムダ毛に困っていまいた。

子供のころの記憶で鮮明な出来事は、小学校高学年や中学校の体育の水泳の時間に、水着にならないといけないときに、わきが見えるのがとてもいやでした。

友達のわきをこっそり見てみてもあきらかに私が一番毛深い感じがして、わきがみえないようにいつも気をつけていました。わきの毛がものすごく濃く多いので、カミソリで処理しても黒いぶつぶつがいつも目立っていました。

年頃になり、毛抜きで抜くようになると、抜きすぎて、肌がきたなくなりぶつぶつがいっぱいあるわきになってしまいました。

全体的に、毛が濃く多いので、学生時代は、制服のスカートから足が見えるので、ほぼ毎日カミソリでそって処理をしていました。

特に夏場は、半そでになるので腕の毛も処理しなけらばならなく、面倒で夏がくるのが憂鬱でした。友達の中には、腕や足の毛がほとんどはえておらず、いつも色白のつるつるのお肌をみてとてもうらやましくなっていました。

冬は、肌が見える部分が少なくなるので、ムダ毛処理から解放され楽になれるのですが、その分体中黒く長いムダ毛だらけになってしまします。

顔の部分も、鼻の下の部分の毛が濃く、カミソリでそるとさらに黒さが目立つような気もして悩んでいます。

さらに、下の毛も多く濃いので、処理してもすぐのびてくるし、パンツからチクチクした黒い毛がいつも飛び出していて本当にどうにかしたいです。

お店で売っている専用のグッツで処理してもなかなか満足できず、お金もかかります。友達とプールや海に水着で遊びにいくと、友達は小さいかわいらしい小さいビキニの水着を着ているのですが、私には毛が心配でとてもビキニなど着ることができず、いつか何も気にせず着てみたいと願っています。

今のところ、一番脱毛してみたい部分はデリケートゾーンですね。VIO脱毛に行ってみたいですが、金欠なのでなるべく安いサロンに行きたいと思っています。

VIO脱毛安い

こんな毛深い私なので、彼氏ができるとお泊りする前は、ムダ毛の処理に時間と労力とお金がかかりとてもつかれます。

また、ムダ毛の処理を忘れたパーツはないか、いつも気がかりです。特に指の毛の処理をし忘れたときは、本当に恥ずかしいです。

刺身大好き家族

ハッと気が付きました。
最近の我が家の夕食には刺身が結構な頻度で登場します。

残念ながら本マグロは登場しませんが、生の魚介類という大雑把な括りだと週に1回しかお休みがない感じです。

まあ、これにはいくつかの理由が存在します。
まず、私が夕方まで働くようになりました。
よって、帰り際にスーパーで夕食の買い物を済ませます。

そうすると中でも割引率が高いのが、お刺身たち。
翌日には繰り越せない事情でお安くなるんだと思います。本当に安くなるので、ついつい手が伸びます。

そして、火を通さずにそのままお皿に載せるだけなので食卓が簡単に整います。
お醤油を出して、小皿を準備するくらいでOK。
しかも手抜き感がありません。我が家で刺身は御馳走と認定されていますから。誰もが「お刺身だね~」とウキウキします。

また、ヘルシーですよね。油のしっかり乗ったサーモンなどを食べても罪悪感ゼロ。動物性の油よりも軽くて、胃もたれしない点も優秀です。

そして、酒飲みにはつまみになるし、子供達は刺身をおかずにしてご飯を食べます。お好みで手巻きにしてもいいし、上に載せて海鮮丼ふうにするのもよし。便利ですね、お刺身。

みんなが大好きなので残ることはありませんが、残ったら漬けにしたり翌日に魚のフライにしても良さそうです。

飽きられなために色んな魚を食べるようになり、青魚の味も覚えました。生魚を食べる文化って、なんと素晴らしいのでしょう。主婦のお助けメニューナンバーワンは、刺身で決まりですね。